ドクターズチョイス「クランジンプラス」のレビューと価格の確認

膀胱炎予防が期待される特許成分配合

ドクターズチョイスのクランジンプラスは、米国で特許を取得している成分「クランジン」が配合されています。

商品名 内容量 1日分量 Amazon価格 直営店価格
クランジンプラス 30 粒 1 粒 5,620 円 4,890 円

また、同時に含まれるビフィズス菌には、生きて腸まで届く「バイトトラクト加工」という特許製法が用いられており、1つのサプリメントに二つの特許が使用されていることになります。

これらの成分を摂取することで身体の免疫力を高めて、膀胱内の大腸菌を排出しやすくなる働きが期待されます。

クランジンプラスの価格確認・購入はこちら

飲んでみた感想

ボトルの蓋を開けてにおいを嗅いでみると、ほのかにベリー系の甘いにおいを感じなくありませんがほとんど無臭です。

また、目視で見てみると、タブレットはウズラの卵のようなまだら模様で固そうに見えるのですが、口の中に含んで見ると、思った以上に柔らかくホロホロと崩れてくるので、見た目のよりも全然飲みやすい印象があります。

このサプリメントの使用方法は、1日1粒が推奨されていますが、これなら、毎日飲むのも辛く無いと思います。

予防系のサプリメントなので、中長期で継続することで変化を実感出来ると思いますが、二つの特許成分を含んでいるという観点から見ても、期待を込めて続けられる気がしました。

特許成分「クランジン」とは

このサプリメントに含まれる特許成分「クランジン」は、クランベリーとDマンノースを主とする膀胱炎を改善する有効性の高い成分として、特許を取得しています。

原料であるクランベリーが膀胱炎の予防や改善に有効とされている理由は、キナ酸、Dマンノースという二つの成分を含むからですが、これらの成分を研究し効果的なバランスで特許を取得しているのが「クランジン」になるそうです。

このクランジンには、膀胱内で繁殖した大腸菌をキャッチし尿と一緒に排出する働きがあるので、膀胱炎の予防や改善を早めることが可能とされています。

生きて腸まで届く特許製法の乳酸菌

ドクターズチョイスのクランジンプラスには、特許成分「クランジン」の他に、免疫力改善が期待されるビフィズス菌も1粒当たり3億個も含まれているのですが、それらは、ただのビフィズス菌ではなく、「バイトトラクト加工」という特許製法により、生きて腸まで届くようになっているそうです。

ビフィズス菌や乳酸菌を含む製品でよく言われる事として、サプリメントなどで摂取しても、その大半が胃液により消化されてしまうため、それらが生て腸内まで届くことはほとんどないという意見もあります。

その点、クランジンプラスに含まれるビフィズス菌は、特許加工を施す事により生きたまま腸まで届けることが出来るようになっているとの事です。

更に、オックスフォード大学の研究やその他多くの臨床実験によって、女性の尿路感染症に対して有効性の確認された以下のような乳酸菌も含まれています。

  • L.プランタルム菌:24億個
  • L.ファーメンタム菌:18億個
  • L.アシドフィルス菌:6億個
  • L.ロイテリ菌:6億個
  • L.ラムノサス菌:3億個

1粒に含まれるビフィズス菌と乳酸菌の総量は、実に60億個にも及びます。

毎日1粒を続けるのが良いらしい

膀胱炎が再発する一つの特徴として、冬場のような寒い時期になると毎年膀胱炎が繰り返されやすくなってしまうという経験をされている方もいるかもしれません。

このような場合でも、1日1粒を継続して摂取する事で、例年であれば、膀胱炎の再発に悩まされていた時期を難なく乗り越えることができたという情報もあります。

反対に、毎日2粒程度飲んだ方が良いという場合もあるかもしれませんが、使用方法にも記載されている通り、尿トラブルがひどい時は、「1日2回で1回2粒」で計4粒が推奨されていますが、普段は1日1粒で十分だと感じられるかもしれません。

いずれは、2日1粒、3日1粒とだんだんと量を減らしつつも膀胱炎の心配がないラインを見つけることができれば、サプリメントをリピート購入する費用も抑えて長く続けていくことが出来るようになれるかもしれません。

リピート購入で人気のようです

膀胱炎の再発は大切に大きく関係していることがありますが、特に、一度発症してしまうとリードサンドと繰り返しやすくなってしまう特徴があります。

その為、定期的に薬にお世話になっているという人も少なくないようですが、それでも再発しやすかった人は、このサプリメントに込める期待は、リピート購入割合の多さに現れているようです。

直営店とアマゾンの価格を比較してみると、単品ではそれほど開きはありませんが、アマゾン経由で購入するのと直営店から定期購入するのとでは、価格に1,000円以上の開きがありますので、長く続けていくつもりであれば、どちらで購入するのがお得なのかは一目瞭然です。

クランジンプラスの価格確認・購入はこちら

関連情報

メニュー