プレミアムスーパーフード

プレミアムスーパーフードの概要

青汁と言えば、日本でもすっかりお馴染みの健康食品の一つですが、数多のサプリメントメーカーから様々な種類が販売されていますが、味の改良も行われ、昔のような飲みにくいものも無くなってきたようにも思います。

ですが、多くの青汁は、ケールや大麦若葉などに代表されるように、限られた原料のみを使用しているものも多くあり、それらの野菜の特化した栄養を摂取する方法としては最適でも、複数の食材の栄養を一度の摂取する方法としては心許ないものです。

その点、ドクターズチョイスのプレミアムスーパーフードは、20種類以上のオーガニック食材が使用されています。しかも、複数の乳酸菌による発酵工程を経て、酵素も同時に摂取できるように工夫されています。

更に、製造工程における温度管理にもメーカー独自の工夫を行い、酵素の活性を損なわないように低温による熟成が行われているのも特徴的です。

ここが、市販の酵素ドリンクとドクターズチョイスのプレミアムスーパーフードの違いです。

清涼飲料水に分類される酵素ドリンクは、条件に応じて、”65℃で10分間の加熱””85℃で30分間の加熱”などの殺菌工程を行う必要があります。こうした工程が加わってしまうと、せっかくの酵素の働きが失活状態となると考えられています。

その点、ドクターズチョイスのプレミアムスーパーフードは、フリーズドライ化により加熱で酵素が失活しないように製造されています。

本製品に含まれる酵素は、実に6種類となっているので、野菜に含まれる栄養素とそれを円滑に使用する為に必要な酵素の両方を一度に摂取する事ができます。更に、発酵工程で用いる複数の乳酸菌も含まれているので、食生活に例えるなら、ヨーグルトと野菜、更には、発酵食品を一度に食べているような内容です。

また、本製品が販売されるより前に、同メーカーからスーパープレミアム青汁21という製品が販売されていました。こちらも同じように、20種類以上の食材を使用していたのですが、オーガニック食材を多数使用し栄養価が高かったにもかかわらず、惜しくも販売終了。

理由の一つは、品質の割に需要に結びつかなかった部分もありそうですが、その後、改良版として製造されているプレミアムスーパーフードには、メーカーの熱意(こだわり)が詰め込まれているようにも思います。

■プレミアムスーパーフードの特徴

  • 食品に近いものが手軽に摂取できる
  • 原材料がオーガニックなので安心
  • 酵素や乳酸菌などの付加価値も大きい
  • フリーズドライ製法で栄養や酵素が壊されない

毎日のように野菜ジュースを飲む事を習慣としているのであれば、その手間を製造メーカーが代わりに行ってくれるだけでなく、更に、品質にこだわった原材料を使用しています。野菜ジュース用の野菜を買う出費だけでも、本製品1ヶ月分より高く付くものです。

そうした手間も無く、よりたくさんの栄養を摂取する一つの手段として、重宝してくれるように思います。

また、以前までは、味を考慮して天然の甘味成分であるステビア配合のものもありましたが、甘さを必要としないヘビーユーザー向けに、甘さの少ないタイプも取り扱いが開始されているので、食品に近い形での栄養摂取を望むのであれば、チェックしてみて損は無いと思います。