ドクターズチョイス「妊活ルイボスティー」のレビューと価格の確認

ルイボスの葉の中でも最高グレードを使用

商品名 内容量 1日分量 Amazon価格 直営店価格
妊活ルイボスティー 30 回分 1 杯 4,000 円 3,480 円

妊活ルイボスティーは、一般的なルイボスよりも高品質となるグリーンルイボスが使用されているティーバッグのお茶です。

グリーンルイボスの他に、ラズベリーリーフ、チェストツリー、タンポポ、ネトルリーフ、そして、ペパーミントなどの天然ハーブがバランスを考慮してブレンドされています。

高品質を証明する成分含有量

ルイボスの葉には、品質によりグレードが分けられていて、その中でも最高グレードとなる「スーペリアクラス」の新芽部分だけが使用されているのがドクターズチョイスの妊活ルイボスティーです。

原料となる茶葉は、米国の厳しい審査基準をクリアしたオーガニック認定茶葉のグリーンルイボス100%となっているので品質面も問題ありません。

普通のルイボスとグリーンルイボスの違いは、同じ原料でありながら製造方法が異なる事よってグレードが分けられているのですが、その品質に差が生まれる理由に製造工場の持つ設備の違いが関係しているようです。

グリーンルイボスを製造出来る工場は、瞬間フリーズドライ加工が可能な設備を有し品質管理も徹底されているそうですが、この条件を満たす環境で、ドクターズチョイスの妊活ルイボスティーは作られているとのことです。

普通のルイボスティーとの違い

妊活ルイボスティーの原料となっているグリーンルイボスは、フラボノイドやアスパラチンの含有量が大きく異なります。

これらの成分は、ただ抗酸化作用に優れているというだけでなく、卵子の老化を防ぐ上でも欠かせないものとして注目されているようです。

フラボノイドの量は、普通のルイボスに比べて10倍以上。アスパラチンに関しては、普通のルイボスの40倍以上と高い含有量を誇ります。

それを可能とするのは、製造工程におけるフリーズドライ製法ですが、一般的なルイボスは、自然乾燥させる課程で葉から成分がどんどん減少してしまうのですが、フリーズドライにより瞬間的に乾燥させる事で成分の減少を防ぐ事ができるとの事です。

おいしい作り方・飲み方

ドクターズチョイスの妊活ルイボスティーをおいしく淹れる方法が紹介されています。

まず、ティーバッグをティーポットに1つ入れて200ccのお湯を注いだら、すぐに蓋をして5分~10分蒸らしたら茶葉をこします。

これを基本として、好みの味になるようにお湯の量や蒸らす時間を変えることで味の調整が可能です。また、これを1回として、1日に2回~3回程度飲むのが良いとされています。

また、「煮出すと熱に強いといわれるフラボノイドも分解してしまう」という事も書かれているので、このあたりは注意したほうが良さそうです。

ハーブティーのブレンド茶を飲むことでそこまで変化を感じるのかという気がするかもしれませんが、実際に購入された方のレビューなどを見てみると、その変化を感じざるを得ないような内容も見受けられます。

それらを参考にして、良さそうだなと思えたら試してみる価値があるのかもしれません。

メニュー